工事の状況

メビウスまほろばの建設工事は、平成29年7月に着工しました。このページでは、工事の進捗状況を皆様にお伝えしていきます。

撮影日 平成29年12月18日

内部の壁工事の様子。居室の間仕切りの壁が作られています。写真左が3階、写真右が2階で、2階の方の工事が先行しています。

撮影日 平成29年12月4日

サッシ、窓ガラスの設置が進んでおり、塗装やタイル貼りが未だなことを除けば外観はほぼ完成状態に見えます。

撮影日 平成29年11月28日

外壁のPC板の設置が終了しています。建物らしさが出てきました。

撮影日 平成29年11月20日

外壁にPC板を設置する工事が始まりました。

コープ七条店もオープンしました。食材から日用雑貨まで、大抵のものはここで用足りると思います。

撮影日 平成29年11月13日

1階の床部分に土間コンが流し込まれた様子です。

撮影日 平成29年10月24日

1階に土間コンを打つ直前の様子です。地面(土)の上にブルーの断熱シートを敷き詰め、さらにその上に配筋がされています。この状態でコンクリートを流し込んでいくことになります。 コープ七条店も内装の最終仕上げに入っている模様です。11月16日にプレオープンするそうです。

撮影日 平成29年10月17日

鉄骨の組方が終了し、L字形の完成です。 写真右は南東からのアングル。右側奥の出っ張り部分がリビング・ダイニングになります。

撮影日 平成29年10月10日

2週間ぶりに工事現場に来ました。建物北側の鉄骨組方が終わっており、いよいよ建物が姿を現し出しました。

撮影日 平成29年9月5日

打設したコンクリートが固まっているかどうか確認した後、型枠が抜かれました。コンクリート工事が終わった後、残った空隙に土砂を埋めていきます。その際、沈下して土間コンクリートとの間に空隙が発生しないようにしっかりと土砂を締め固めていきます。

撮影日 平成29年8月29日

コンクリート打設が終了しています。

撮影日 平成29年8月28日

型枠が設置されると、ミキサー車からポンプ車へ生コンクリートが運ばれ、型枠にコンクリートを流し込みます。生コンクリートを型枠に流し込んだ後、高周波バイブレーターで隅々までしっかりとコンクリートを充填・締め固めしていきます。

撮影日 平成29年8月22日

木材や金属で組んだ仮設の型枠を設置しています。

撮影日 平成29年8月17日

お盆休みを挟んで、基礎配筋工事が行われています。基礎を形成するにあたって、配筋工事は最も重要な工程の一つです。 作業としては、コンクリートを打設する前に、鉄筋の配置を示した図面「配筋図」を元に鉄筋を配置していきます。そして、コンクリートを打設した際、鉄筋がずれないように鉄筋と鉄筋を結束線で結び固定します。猛暑の中で作業をされており、熱中症には注意していただきたいものです。

撮影日 平成29年8月8日

工事現場から撮影した周辺の状況です。道路を向かい側の左手に見えるのが、建設中のコープ七条の建物で、11月に開店するそうです。また、中央奥の大きな建物が新・奈良県総合医療センター。こちらは来春のオープンを目指して、内装工事が行われています。

撮影日 平成29年8月8日

杭(土台)の上にアンカーセットが設置されています。アンカーセットとは、基礎工事の行為の一つで、建物と基礎を固定するためのアンカーボルトという物を設置する工事のこと。これを慎重に行うのと行わないとでは、建物の耐震性や耐久年数等を大きく左右してしまうような、大変重要な工事です。

撮影日 平成29年8月1日

第1回目の工事現場での定例会議を開催しました。今後、毎週1回のペースで、施主(康仁会)、施工業者、設計会社が集まって、工事の打合せをしていきます。写真は髙比理事長がメビウスまほろばを作る目的や意義を熱く語られているシーンです。

撮影日 平成29年8月1日

地下の土を掘り終えて地盤を固めた後に、捨てコンクリートを打っている様子です。捨てコンクリートは建物の床になるものではなく、建物を建てるための基準線を出す、地面をならすことで足場をつくりやすくしたり、職人さんの作業をしやすくしたりする、などが主な役割になります。建物の強度に直接関わることはありませんが、建物をつくる作業をするためにとても重要な役割を果たしています。

撮影日 平成29年7月28日

工事現場のフェンスに広告宣伝用の横断幕を2箇所に設置しました。近隣の皆様も、どの様な建物ができるのか興味深げにご覧になっていました。皆様のお問い合わせをお待ちしています。

撮影日 平成29年7月25日

杭を打っているところ。正確には、押し込んでいると表現した方がいいかもしれません。約17mの長さのものを34本使います。地震が来てもしっかりと踏ん張って、建物を支えて下さい。

撮影日 平成29年6月30日

薬師寺休ケ岡八幡宮の夏目芳信宮司様による地鎮祭を執り行いました。梅雨の時期だったこともあり、当日はあいにくの雨。「雨降って地固まる」よう、参列者一同で工事の安全と順調な完成を祈願しました。