入院医療費(DPC)について

入院患者さんの医療費の計算を「DPC」に基づいて行います
ー入院医療費の計算方法が変わりますー

当院は「DPC(ディーピーシー)対象病院」として厚生労働省の認定を受けました。このため、平成21年7月1日から入院医療費の計算方法が変わりますので皆様のご理解をお願いいたします。

DPC(診断群分類別包括評価支払方式)とは

 従来の入院医療費の料金計算は診療内容毎に料金を計算して合計する「出来高方式」でしたが、7月1日から入院される患者さんの医療費はDPCにより計算を行います。
 この料金計算方式は、傷病名や手術、処置等の内容に応じて分類された「診断群分類」に基づき、それぞれの分類ごとに定められた1日当たりの定額の医療費(包括評価)を基本として計算する方式です。
 この算定方式が適用されるのは、入院基本料や検査、投薬、注射、画像診断等の治療項目です。手術や一部の処置等については、従来通り「出来高払い方式」により算定されます。
 入院中に診断群分類が変更になった場合には医療費が変動することとなるため、異なる診断群分類による支払額の差額の調整を退院月の入院診療費請求時において行います。この算定方式は、入院された患者さんに適用されます。外来の患者さんや診断群分類に該当しない入院患者さんの医療費の算定方式はこれまで通りです。

DPC(診断群分類別包括評価支払方式)による入院医療費の計算方式

 食事料、差額室料、文書料等は従来と同じです。

DPC(包括支払制度)についてのQ&A

どうしてDPCを導入するのですか?

いつから計算方法が変わるのですか?

すべての入院患者がこの制度の適用になるのですか?

入院医療費の支払方法は変わりますか?

医療費は高くなりますか?

高額療養費の取扱いはどうなるのですか?

入院中に2つ以上の診療科で治療を受けられますか?

新制度へのご理解とご協力をお願いします。

病院長