苦痛のない内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)

日本人の大腸がん、胃がんの死亡数は2位、3位を占めます。

しかし、大腸がん・胃がんは早期に発見さえすれば “治る” 病気です。内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)は、これらのがんを発見する上で、現時点で“最も確実な”検査です。

西の京病院では、これらのがん撲滅を目指し内視鏡検査に以下のような工夫をしています。

■がん部位別死亡数順位

  1位 2位 3位 4位 5位
男女計 大腸 膵臓 肝臓

(国立がんセンター統計 2014)

■胃・大腸がんのステージ別5年生存率

  ステージT ステージ W
胃がん 97% 8%
大腸がん 99% 16%

(公益財団法人がん研究振興財団 がん統計2014)

ステージT・・・
早期がんで、内視鏡または外科的切除が可能

ステージW・・・
進行がんで、手術による治療では根治が望めない

安心安全でカラダに負担をかけない
西の京病院の内視鏡検査の特長

  • 最新鋭のハイビジョンカメラを用いた苦痛のない内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)が行えます。
  • 苦痛のない検査を常に目指してきた専門医が、スキルを駆使して異常を見逃しません。
  • 鎮静剤を使う事で苦痛なく検査を受ける事が出来ます。

経験豊富なドクターが最新のカメラを使い的確な診断と適切な治療を行います。