病院長からのご挨拶

病院長 吉岡伸夫  

 初代の熹芻N臣現会長、二代目の櫻井隆久現名誉院長の後を受けて本年4月1日付けで院長を拝命いたしました。

 平成10年に着任してから、早いもので勤続19年になります。その間、透析センター長を務めながら、地域医療連携室を格上げしてセンター長を、またNST(栄養サポートチーム)を立ち上げ栄養管理部長を、コメディカルの充実のための診療支援部長を兼務するなど諸事全力で当たって参りました。
 ただ最重要課題であります医局の充実のために拝命しました人事部長としましては成果を上げることができず、その最中の院長指名にはいささか躊躇するものがありましたが、内部の充実から、さらなる 刷新創造 に向けて任務の遂行に努めたいと思っております。

 最後に、創立以来の会長のお言葉である「けじめ」「謙虚さ」「結束」の“3Kの誓い”を胸に、当院が果たすべき地域の急性期病院、地域密着型の総合医療施設としての「富士山構想」のさらなる高みと広がりを、微力ながら目指して参りますので、よろしくお願い申し上げます。